ワーキング ホリデーの年齢制限

ワーキングホリデーには年齢制限があります。大体は18歳から30歳になっていますが、国ごとにより多少異なってきます。また扶養する子供がいないこと、或いは子供を同伴しないことという条件がある場合がほとんどです。現在の、国別のワーキングホリデービザ取得にあたっての年齢制限を見ていきましょう。(ビザ取得条件は変更になることがあるため、実際にワーキングホリデーのビザを取得する場合は、最新のビザの情報をチェックするようにして下さい)

イギリス

申請時に、年齢が18歳から25歳であること。(但し、英国政府当局が認める場合に限って30歳まで許可されることがあります。その場合は、はがきに、なぜ26歳の誕生日前に申請できなかったのか、偽りのない説得力のある理由を書く必要があります)。子供を同伴しないこと。

ドイツ

ドイツ入国時に18歳から30歳の人。

フランス

査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること(31歳出発可)。子供を同伴しないこと。

韓国

18歳以上30歳以下の扶養家族を同伴しない人。但し,各領事館ごとに年齢制限などの違いがあり。

カナダ

申請書受理の時点で18歳以上30歳以下の人。

ニュージーランド

18歳から30歳の独身者または、子供を同伴しない既婚者(31歳の誕生日を迎える前に入国出来る人)。

オーストラリア

申請日に18歳以上31歳になっていないこと。扶養する子供がいないこと。

申請日の時点での年齢と、出発するときの年齢など、国により制限が異なるので気をつけましょう。